乾燥肌の原因を探る

肌が乾燥するとカサカサしたり痒くなったりしてきます。そんな状態が続けは小じわの原因にもなってしまうのです。肌は水分を保つというとても大切な役割のほかに外からの刺激から守ってくれる働きもしてくれているのです。肌が乾燥しているとそういった大切な働きも出来なくなってしまうのです。乾燥肌を改善させることで肌をいつまでも元気で保つことができるのです。
肌が乾燥してしまうのにはいくつかの原因があります。
まず一つに間違ったスキンケアで肌の保湿能力が落ちてしまう事です。必要以上に何度も洗うことで余分な皮脂まで落としてしまっているのです。また、タオルでゴシゴシと拭く事で肌の細胞が傷ついてしまっているのです。
その他にも過度なダイエットなどによって食生活が乱れることで肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。栄養不足に陥ることで肌が健康に保つことができ無くなってしまっているのです。特にタンパク質は肌細胞の生まれ変わりにとても重要な栄養素なのです。このたんぱく質が不足することでターンオーバーがうまくできなくなってしまいます。
その他にも亜鉛などは肌や爪などを作る時に必要な栄養素と言われています。その他にも油を極端に抜くことは肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。
間違ったスキンケアや食生活の乱れ以外にも睡眠不足やストレスなど様々な要因で肌への負担をかけているのです。保湿能力を落とさないという事が肌の乾燥を引き起こさない原因になるのです。